【ワードプレス】2019年版Googleアドセンス広告の貼り方・プラグインで広告を自動表示する方法

Googleアドセンス広告

この記事は、ワードプレスでGoogleアドセンスの広告を自動で表示させるための方法をまとめています。

・投稿記事のお決まりの場所にGoogleアドセンス広告が表示されるよう設定したい

・アドセンス広告コードの作り方を知りたい

という方はこのまま読み進めてくださいませ。

関連記事:Googleアドセンス広告が停止になる理由は?アドセンス狩り対策のプラグインを紹介!

Googleアドセンスの広告コードの作り方

Googleアドセンスの審査に通ったらログインします。

「広告」をクリックすると、「自動広告」というのがあります。

自動広告はすべてオフにすることをお勧めします。

というのも、自動広告にしていると、「え!?そこに広告入る!?笑」という場所に広告が入ることも。

見栄えを気にする方は自動広告をオフにして、広告ユニットで作った広告コードを用いて自分の好きな場所に広告表示させましょう。

「広告」→「広告ユニット」→「記事内広告」をクリック。

クリック率のいいテキスト広告は廃止されることになったので、記事内広告を張り付けていきましょう。

「新しい記事内広告」のところに、名前を入力していきます。

この名前はプラグインで設置したい場所の名前を付けると後から見たときに分かりやすいです。

「記事内」「見出し前」等分かりやすい名前を付けましょう。

「グローバルオプションをクリック」し、「 選択したディスプレイ広告を表示する 」をオフにします。

  

「スタイル」欄の「 Google で最適化されたスタイルを使用する  」をオンにします。

他に、フォントや広告の背景色も変えられますので、この辺はお好みにしてください。

設定が終われば、「保存してコードを取得」をクリックしましょう。

コードが出てきたら、ワードプレスの設定作業に移ります。

プラグイン「Advanced Ads」をインストールして広告を自動表示

「Advanced Ads」のインストールから設定まで

「プラグイン」→「新規追加」→キーワード検索に「Advanced Ads」と入力します。

右上の「インストール」を押し、インストールが終わったら「有効化」をクリック。

右上ボタンが「有効」になればOK。

  

すると、ダッシュボードに 「Advanced Ads」 が現れます。

「Advanced Ads」 →「設定」をクリック。

「 404エラーのページ上で広告を無効にします。」と
「非特異的なページの広告を無効にする 」にチェックを入れます。

「非特異的なページ」はホーム画面やプロフィール等の固定ページを指します。

チェックを入れたら下までスクロールして、必ず「保存する」を押してください。

  

次に、同じく「設定」の「AdSense」をクリック。

GoogleアドセンスアカウントIDを張り付けます。

IDがすぐに分からなければ、「Connect to AdSense」を押してアドセンス登録したGoogleアカウントを選択します。

選択後、右下の「許可」をクリック。

すると、コードが出てくるので、コードをコピーします。

コピーしたコードを張り付け、「チェック」を入れて「Submit Code」をクリックすると、アドセンスアカウントとの同期が完了です。

以上ができれば下までスクロール。必ず「保存」ボタンを押してください。

  

「Advanced Ads」で広告の設定をする

「Advanced Ads」→「広告」→「新しい広告」をクリック

「タイトル」には今から作る広告を、どこに入れたかが分かるような名称にします。

例えば「アイキャッチ画像下」とか、「H2の上」等です。

次に「プレーンテキストとコード」にチェックを入れます。

上記の画面から下に何も表示されていなければ、左下にある文字をクリックすると、スクロール画面になるのでクリックしましょう。

「広告パロメーター」が出てきました。

ここに、Googleアドセンスの記事内広告で作ったコードをコピペします。

1行目には下記HTMLをコピペして入れると、広告というのが分かりやすくていいですよ。

<center>スポンサーリンク<br></center>

さらにスクロールしていきます。

「レイアウト出力」で、「既定」と「次の要素を広告の~」にチェックを入れます。

更にスクロール。

「表示条件」の設定です。

どういうときにこの広告を表示させたいかを決定します。

投稿記事の好きな場所に広告を表示させたい場合は、

「新しい条件」の「条件を選択してください」をクリックし、「投稿タイプ」を選び、「追加」をクリック。

「一致」と「投稿」を選んでください。

ここまでできたら一番上まで戻って、ワードプレスの記事投稿と同じく、右上にある「公開」をクリックします。

  

すると、この広告をどこに表示したいかを聞いてきます。

「コンテンツ前」を選べば記事の冒頭、「コンテンツ後」を選べば記事の最後、「コンテンツ」を選べば記事の途中にいれることができます。

記事の途中に入れることができる「コンテンツ」を選択してみましょう。

ここまできたらあともう少しです!

  

「Advanced Ads」で広告表示したいところに設置する

「設置」をクリックすると、先ほど作成した広告名が出てきます。

サンプルと書いているものを見てください。

この設定は「見出し3」で書いた複数の見出しタイトルの内、3つ目の見出しタイトル前に広告を設置するという条件を表しています。

このように、何個目の見出しの前(後)に広告を設置したいかを決めて、数字を入力しましょう。

最後に必ず「配置を保存」を押して、実際に広告が表示されるかどうか確認してくださいね。

  

かなり長くなりましたが、Googleアドセンス広告を自動で好きな場所に表示する方法をまとめました!

やる内容は長いけど、1つずつゆっくりやっていけばそこまで難しくはありません。

また、最初に頑張っておくと、記事を書くだけで勝手に広告が入ってくれるので楽です。

ぜひ頑張って設定をしてみてください。

また、Googleアドセンスの広告を貼って一安心・・・ではないです!

以下の記事も併せて読んでくださいね。

関連記事:Googleアドセンス広告が停止になる理由は?アドセンス狩り対策のプラグインを紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です