オートミール・ベイクドオーツ・ご飯・食パンの栄養成分を比べてみた


ダイエットしている人がよく食べてる「オートミール」

どれぐらい栄養成分的に優秀なのか、比較してみることにしました!

100g当たり、1食あたりで見ていきます。

スポンサーリンク

オートミール・ベイクドオーツって何?

栄養豊富な「オーツ麦」を潰したり粉砕したりして食べやすくした食べ物です。

糖質が少なく、食物繊維が多いのが特徴です。

牛乳やヨーグルトと一緒に食べると美味しいですね。

本気でボディメイクしている人は水で煮て食べたりしてます。

こんな感じで販売しています。

オートミールはパサパサしているから、スープやヨーグルトに混ぜて食べるのがおすすめ。

最近見つけた「ベイクドオーツ」はザクザクしていて食べやすい。

そのままでも美味しく食べれました!食感が楽しい!

オートミール・ベイクドオーツ・ご飯・食パンの栄養成分を比べてみた

栄養成分はカロリーアプリの「あすけん」や商品の表示を参考にしています。

100g当たりの栄養成分はこちらです。

ごはんは炊いたご飯で算出しています。

100gベースで見ると、ご飯は水分を多く含んでいる分カロリーは低く出ています。

オートミールは乾燥しているので、100g当たりで比較するのはナンセンスだと分かりました。

ということで、一般的な1食当たりで換算してみましょう。

ダイエットやボディメイクをしている人が一番気にするポイント「糖質」。

オートミール<ベイクドオーツ<食パン<ごはんの順ですね。

じゃあ食パンでもいいじゃん!と思うかもしれませんが、食パンはGI値が高い食べ物です。

スポンサーリンク

食パン・ごはん・オートミールのGI値は?

GI値とは「グリセミック・インデックス」の略で、血糖値の上昇度を表す指数です。

GI値が高いほど、急激に血糖値が上がり、インスリンが大量に分泌され、糖を脂肪として蓄積させる働きをします。

このGI値が低いほど、太りにくい食材と言えます。

GI値は70以上だと高いと言われていて、食パンは95ごはんは88です。

オートミールは55。

ダイエットしたい人がオートミールを選ぶ理由は栄養成分だけでなく、「脂肪になりにくいから」が主な理由ですね。

ダイエットにはオートミール・ベイクドオーツがおすすめ

オートミールもベイクドオーツも糖質の量はそこまで差がなかったので、安心してベイクドオーツを食べられるなとホッとしました。

オートミールが苦手という方は、ぜひベイクドオーツをお試しください。

ザクザク食感が楽しくて美味しいですよ!

カルビーのベイクドオーツをAmazonで見る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA