サイドプランク×ヒップレイズのトレーニングで体のゆがみを整える


最近はまっている筋トレ種目「サイドプランク・ヒップレイズ」

お腹周りの姿勢維持のための筋肉(体幹)や、骨盤が傾かないように安定させるための筋肉(中殿筋)一石二鳥で鍛えられる種目です。

姿勢維持の筋肉をつけると、その他のトレーニングがやりやすくなります。

サイドプランク・ヒップレイズをマスターしましょう!

スポンサーリンク

サイドプランク・ヒップレイズのやり方

まずは動画をご覧ください。

サイドプランク・ヒップレイズのポイント

①膝から頭までは真っ直ぐ一直線

②手は肩の真下につく

③お尻を持ち上げるときは「へ」の字になるよう持ち上げる

  

1セット20回を目安に2~3セット、左右入れ替えながらやりましょう!

どちらかの中殿筋の筋肉が落ちていると、右は楽だけど左は全然上がらない・・・なんてこともあります。

その場合は弱い方の数を多めに増やして、筋肉をつけましょう。

骨盤が傾くとお尻周りが太って見える

中殿筋の役割は、骨盤を真っ直ぐ安定に保つこと。

片足が地面から離れていても、骨盤が下がらないように維持するための筋肉です。

中殿筋の働きが弱いと、骨盤の維持ができなくなり、骨盤のねじれが起こり姿勢が崩れます。

姿勢が崩れると腰痛の原因になったり、お尻周りが太って見えやすくなります。

  
最近お尻がたるんできたと感じる人にもおススメなので、ぜひお試しください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA