ダイエットの正しい食事とは?女子がやりがちな間違った食事とその結末



こんにちは!ありぼです!

ダイエット中のみなさん、お肉をちゃんと食べていますか?

朝はヨーグルト、昼はサラダと野菜ジュース、晩御飯は野菜スープ・・・

このような食生活をしていませんか?

このような食事でダイエットをしているなら

今すぐやめるべき!!!

というのも、私もカロリーを取らないようにする=やせる と、単純に思い込んでいたから。

この食事を続けた結果どうなってしまったか、正しい食事とは何かをお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

減っているのは脂肪でなく筋肉

朝はヨーグルト、昼はサラダ、晩は野菜スープ・・・

このような食事をしていると、確実に体重が減ります。

私も体重計にのっては、「やった!今日もー0.4kg!!」と喜んでいました。

ただ、その体重の減少、減っているのは筋肉

筋肉の栄養であるたんぱく質が補給されないと、筋肉は分解されていきます。

別にいいんじゃないの?筋肉ってそんなに重要?という声が飛んできそうですが、ダイエットをしたいなら、筋肉を維持するどころか、筋肉を増やしたほうがいいんです。

・筋肉がないと代謝が落ちる

筋肉があるから脂肪を燃焼でき、カロリーが消費されます。

カロリーが消費されなくなるということは、痩せにくくなるということ。

・筋肉がないと体が冷える

筋肉が少ないと熱が生み出されないので、冷え性になってしまいます。

体が冷えると倦怠感など、体の不調を覚えます。

また、血液を送るパンプ機能が下がるのでむくみやすくなります。

・正しく痩せないとリバンドし、痩せにくくなる体に

慢性的に、カロリーが足りていない食事を続けていると、体は脂肪をため込もうとする習性があります。

脂肪をため込む体になってしまうと、食べなくても痩せない、ちょっと食べただけで太るという悪循環に。

また、筋肉が無いため脂肪を燃焼することもできず、ボディラインにたるみができます。

ダイエットの正しい食事とは何か?

私は間違ったダイエットをしてきた結果、逆に太ってしまいました。

今は筋肉を落とさずに、脂肪を落とすためのダイエットに切り替えています。

筋肉を落とさない食事、つまり、タンパク質をちゃんと摂取すること。

お肉、魚、卵、豆腐、納豆などを、きちんと毎日食べるところから始めましょう!

ちなみに、たんぱく質として優秀なのが、肉と卵。

お肉は脂身の少ない部位を選びましょう!

牛肉ならヒレ・モモ・ハラミ。

鶏肉なら胸肉・ささみ。

豚肉ならモモ肉!

日本人は慢性的にタンパク質不足と言われていますが、たんぱく質はおおよそ60g摂取していた方がいいです。

たんぱく質60g分を測って食べるのはめんどくさいと思うので、

目安として、片手にのる量×3を目標に食べることをお勧めします!。

例えば、片手に卵、納豆がのりますよね。

そんな感じで何となく計りましょう! 

めちゃ適当やん!笑という声が飛んできそうですが、やってみてください。

実際に、全然たんぱく質を摂取できていないんだと自覚できますよ。

 

最近よく思うのが、「体重が減ったかどうか」よりも、「体が引き締まって見えるか」「理想の体形に近づけているか」を意識していたほうがいいということ。

みなさんも、私のように回り道しないよう、正しく健康的に(これ大事)痩せていきましょうね!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です