選挙のうぐいす嬢を初経験!選挙カー遊説時の持ち物は?


こんにちは!ありぼです!

選挙のうぐいす嬢を体験し、備忘録として記事にしています!

今回は身支度と持ち物編!!

スポンサーリンク

うぐいす嬢:身支度編

選挙カーは窓を開けっぱなし、手を振りながら遊説します。

なので、日焼け・肌の乾燥の対策が非常に重要です。

日焼け対策は顔だけでなく、首や手もしっかり日焼け止めを塗っておきましょう。

乾燥肌の人は、保湿クリームもお忘れなく。

  

また、窓を開けっぱなしにして走るので、髪が風で乱れることも。

後援会の意向で、ハチマキをつけないといけないときもあるので、ハチマキを付けることを想定して、髪を束ねるか、ピンでとめるようにしておきましょう。

  

服装は車の乗り降りが頻繁にあるので、動きやすいパンツが好ましいです。

色もグレーや黒など落ち着いた色のパンツにしましょう。

ジーンズなどは避けていたほうがいいでしょう。

靴も、華美でない動きやすい靴にしましょう。

うぐいす嬢:必要な持ち物

後援会が準備してくれるもの

・上着(ジャンバー)

・白い手袋

・はちまき(各後援会による)

・ペンライト(夜、手を振る代わりのもの)

  

後援会側もバタバタしていて、渡し忘れられることもあるので、受け取ってない場合は尋ねましょう。

  

用意しておいたほうがいいもの

・お茶

・のど飴

うぐいす嬢は2人で交代で行うのが基本です。

もう一人が話している間に、のど飴で喉を潤し、調子を整えます。

  

新人候補のうぐいす嬢をするなら、こちらで用意したほうがいいもの

・ガーゼ

・輪ゴム

マイクにツバが飛ぶのを防ぐため、マイクにガーゼを当てて輪ゴムでとめます。

  

天候が晴れの場合は

・サンバイザー

かなりまぶしいのであったほうが断然いいです。

  

雨の場合

・ポリ手袋

・輪ゴム

雨の日でも窓を開けて手を振らないといけません。

手が濡れるとかなり冷えるので、白い手袋の上から透明のポリ手袋を被せ、風で飛んでいかないように輪ゴムでとめましょう。

  

選挙の時期にもよりますが、

昼と夜とではかなり気温も違いますし、窓を開けっぱなしだと、寒く感じることが多いので、体温調節できるものを用意しておくほうが無難です。

私は上着を持っていき、夜は膝にかけていました。

  

お昼ご飯や晩御飯などは、後援会で準備してくれているのでそれを食べます。

なので、貴重品は持っていかなくても大丈夫です。

選挙の遊説は、車から降りて5~10分ほど候補者が話したりします。

その間に盗難に合うケースもあるようなので、なるべく持ってこないようにしましょう。

  

私は、携帯はポケット、お金は1000円だけを腕時計のようにつけられる財布で持っていました。(さすがに所持金0円は不安だった)

  

うぐいす嬢が初めての方は、後援会側の方と打ち合わせをしっかりしておきましょう。

台本を後援会が準備してくれるのか?クリアファイルに入れてテープで目の前に貼れるようにしたい等、少しでも不安に思うことがあれば、事前打ち合わせをしておくのが無難です。

  

最後まで読んでくださりありがとうございました!

うぐいす嬢をする方の参考になりますように!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です