親知らずを全身麻酔で4本同時に抜歯!入院生活と手術の体験談

全身麻酔で抜歯

特に歯が横から生えているわけでもないけど、全身麻酔で4本同時に抜歯をしました。

抜歯後は快適で、痛みと嘔吐反射に悩まされた日々から解放されてルンルンです。

この記事は

・親知らずを全身麻酔で抜歯したい方

・親知らずを全身麻酔で抜く予定だが不安を感じている方

にとって、参考になる記事になっています。

全身麻酔で抜歯するのって大丈夫なの?と私も思っていましたが、何も問題はなかったですよ!

スポンサーリンク

親知らずを全身麻酔で抜歯:入院生活について

細かい経緯については過去記事をご覧ください
親知らずを全身麻酔で抜歯する経緯。~大学病院を紹介してもらうまで~

入院生活は3泊4日。2日目に手術という流れです。

入院当日(1日目)

病院の駐車場に車を止めっぱなしするわけにはいかなかったので、夫に送迎してもらう。

入院生活に必要な荷物は多くあるため、車で送迎してもらうのがおススメ。

ちなみに、入院生活に必要なもののまとめはこちらをご覧ください。
親知らずを全身麻酔で抜歯!入院生活に必要なもの。

入院手続きを済ませて病室に入ると看護師さんがやってきて、手術前の血液検査や主治医の問診、手術前手術後のことについていろいろ説明される。

夫も帰り、晩御飯を済ませると21時には消灯モード。

次の日朝一で手術のため、21時以降何も食べてはいけなかったので、ギリギリにお菓子を食べおさめ。

入院2日目(手術当日)

当日は朝の8時以降には水分を取らないように言われていたので、8時ギリギリに栄養補水液とリンゴジュース(病院が用意してくれているもの)を飲む。

抜歯後は出血やら部分麻酔の影響やらで喉が動かしずらい状態になるため、朝しっかり水分は摂っておくこと。

手術用のパンツ(売店で売っている)と手術着に着替え、ドキドキしながら時間まで待つ。

この時はかなり不安だった。人生初の手術、人生初の全身麻酔。

  

9時、手術室に入り(よくドラマで見るやつ…!)、手術台に寝そべる。

麻酔科の先生が麻酔を注入していく。

「右手がだんだん重たくなってきますよ~」

本当だ。重たくなってきた。・・・プツリ。

意識が無くなりました。笑

  

看護師さんに揺さぶられ、目を覚ます。

・・・?あれ?もう終わった???

自分的には瞬きしただけ、それぐらい一瞬。

手術時間はだいたい1時間40分ほど。

手術後は回復室と呼ばれる部屋でしっかり目を覚まし、意識がはっきりある状態に戻ってから病室へ戻されます。

  

病室に戻ってから、出血を止めるためにガーゼを噛んでいるよう言われました。

看護師さんが抜歯したところにガーゼを当てようとしてくれたけど、そのガーゼがでかいのなんの。

これが噛めるなら全身麻酔で抜歯してない!と言いたかった。が、のどの局所麻酔の影響で話すことができず。

自分でガーゼを切って、自分でなんとか詰めて噛んで。

ばい菌を抑える・脱水しないよう点滴した状態。

腫れと痛みを防ぐため、氷を両ほっぺに当て続けて冷やす。

  

全身麻酔は自発呼吸ができなくなるため、鼻からチューブを入れて酸素を供給していたのだけれど、そのチューブの影響と鼻炎のせいで痰がかなり出た。

局所麻酔の影響で、ツバすら呑み込めなかったため、吐き出し続けること約3時間。

痰がマシになって、ちょっとしゃべれるようになったのは16時ごろ。

この時にトイレに行きたくなって行ったけど、全身麻酔の影響かフラフラで、やっとの思いで用を足した。

  

晩御飯は食堂みたいなところで食べるのだけど、フラフラ過ぎたので親が病室まで持ってきてくれた。(看護師さんに頼んでもOK)

親にお茶とリンゴジュースを買ってきてもらった。

晩御飯はすべて刻み食とおかゆ。

傷口に当たらないように慎重に食べた。

約24時間ぶりのご飯はめっちゃおいしかった。

食後は消毒液でうがいをしないといけなかったのでうがい。

  

夜には熱が37.7度まで上がり、熱かったので氷枕をもらった。

歯の痛みは全く出ず、まだ局所麻酔が抜けていないのだと思っていた。

主治医が様子を見に来たので、局所麻酔がまだ効いているのか聞くと、とっくに効果は切れているとのこと。

よっぽどすっぽり歯が抜けたのか、主治医が上手だったのか、驚くぐらい痛みは全くでなかった。

入院3日目(手術後1日目)

この日は朝からだるく、血圧が上88、脈拍が47、熱が37度ちょい、起き上がれなかった。

なんとか食堂まで歩いて朝食を食べる。昼過ぎまで点滴。

血液検査で問題はなく、次の日の退院が決定。

夕方には熱が下がり、体調も良好。

1日中ゴロゴロし、運動がてら売店まで歩く。

入院4日目(退院当日)

昼食後に退院。

退院の手続きをすませ、クレジットカードで支払い。

土曜日退院だったため、領収書は後日郵送で届くという。

親知らずを全身麻酔で抜歯:手術後について

しばらくはやわらかいものを食べて過ごし、傷口が塞がるまで消毒液でうがい。

かかりつけ歯科医に週1で通い経過観察。

傷口に入っている食べかすを除去してくれました。

傷が塞がっていることを確認したら通院終了。

スポンサーリンク

まとめ

虫歯の痛みに悩まされ、治療したくても治療ができなかった。全身麻酔で抜歯という大げさなことになったけど、本当に抜歯できてよかったと思っています。

不安に思っていた全身麻酔も何も問題なく、痛みがない毎日って本当にハッピーだな!と改めて思いました。

嘔吐反射がひどくて治療できない方、あきらめずに、恥ずかしがらずにかかりつけ歯科で相談してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  

世界初!虫歯予防成分『BLIS M18・K12』配合
 大人用歯磨き粉【ブリアン】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です