ランサーズ初心者必見!プロジェクト方式で騙されないための注意点とは?

ランサーズ 危険

ランサーズを始めて、早くも「失敗した・・・」と思ったことが出てきました。

ランサーズの仕組みを理解したうえで、きちんと対応すればよかったのですが、いまいち理解をしていませんでした。

今回は、ランサーズ初心者の方に向けて、ランサーズの仕事(プロジェクト式)の仕組みと、実際にありぼの身に起きた出来事をお話しし、皆様も騙されないようにしてほしいと思います。

ありぼの身に起きたこと

まずは何があったかを説明します。

プロジェクト式の依頼に申し込みました。

300文字程度5000円という破格の報酬金額です。

依頼内容はとあるWEBサービスに登録して、実際に使用してみた感想をレビューすることでした。

超超怪しさMAXです。笑

怪しいなぁ~と思いつつも、まぁやってみようと思って提案をしました。

  

すると、メッセージ経由で仕事内容と今後の流れが来ました。

メッセージの通り、作業してレビュー記事を送りました。

仮払いがされていない状態で、です。

その後、そのプロジェクト依頼自体を、提案者がキャンセルしました。

プロジェクト式の注意点

何が駄目だったか分かりますよね。笑

ちゃんと「仮払いが行われたことを確認なかったこと」です。

指示が次々きたので、作業を進めてしまったのです。

  

今までコンペ式しかしてこなかったので、プロジェクト式の仕事の仕方を理解していませんでした。

プロジェクト方式は、

1、依頼の仕事に対してランサーが提案をする

2、依頼者が仮払いをする

3、仮払いが行われたことを確認後、作業・納品

4、納品後、ランサーが完了報告をする

5、依頼者が支払い確定をする

という流れで行われます。

  

仮払いが行われていない状態だと、依頼自体をキャンセルできてしまうんです。

初心者ホイホイに引っかかってしまったなぁという感じです。

違反の報告

今回のことは、ランサーズの規約に違反している可能性が高いと思い、違反の報告をしました。

何が違反かというと、

「WEBサービスに登録する」こと。

ただそれだけなら問題ないのですが、これが「アフェリエイト目的」だった場合には規約違反になります。

メッセージで送られてきたURLがどうも公式と違うので(飛んだ先は公式URLになる)、成果報酬用のURLだった可能性があるなぁと。

  

仮払いの件は、確認しなかった私も悪いので、いい勉強になったと思っています。笑

皆様も、プロジェクト方式をするときは、依頼者が作業の仕方を指示してきても、先に仮払いをするように言ってください。

作業をした時間が無駄になってしまわないよう、きちんとランサーズの仕組みを理解したうえで、副業をしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です