「#ブログ書け」の真意に気づいた件。ブログが書けない、公開するのが恥ずかしいは甘え?

ブログ書け

#ブログ書け 

このハッシュタグ、Twitterで見かけますよね。

その真意に、気づいたお話。

飲食店に置き換えて考えてみると、「ブログ書けない」「公開するのが恥ずかしい」「自分らしい記事が分からない」という悩みは「甘え」なんだと分かりました。

「まずは100記事」「ブログ書け」はどういうことなのか、飲食店に置き換えて考えてみましょう!

スポンサーリンク

ブログ書け=とりあえず作って誰かに食べてもらえ

ラーメン屋に置き換えて話していきます。

あなたはラーメンで稼いで生活をしていきたいと考えています。

  

となると、当然ラーメンを作りますよね。

ラーメンを作ったら家族や友人、あるいは弟子入りした先の親方に食べてもらって、感想を求めると思います。

  

まずは作って、誰かに食べてもう。この過程が「ブログを書いて公開する」です。

ラーメンで稼ぎたいなら、ラーメンを作らないと話にならない訳ですが、ブログで稼ぎたいと言っている人が「ブログ書けない」「どうやって書いたらいいか分からない」って言っているの、矛盾しているように思えてきませんか?

「ブログ書けない」はラーメンを試作すらしていない状態。

  

「ブログを公開するのが恥ずかしい」「まだ未完成だから下書きのまま」は、ラーメンを試作しても自分で食べて終わり、という状態。

  

この状態で、果たしてあなたはラーメンで稼いでいけるでしょうか?

ラーメンを作らないのにラーメンで稼げますか?

おそらく、大半の人がNO!と言いますよね。笑

  

ブログも同様に、書かないと上達しないです。

どんなに内容が薄くても、どんなにうまいこと書けていないと思っていても、「書いて公開する」ことが大切です。

まずは100記事書け=マーケティング感覚を身に付けろ

ラーメンを3回、4回作っただけで、世にウケる自分オリジナルのラーメンが出来上がるか。答えは否。

それができればみんな苦労せず稼いでます。笑

 

よくブロガーの世界で、「まずは100記事かけ」と言われています。

  

「100記事書け」=「100記事書けば稼げる」と勘違いしている人がいますが間違いです。

「100記事書け」は「試行錯誤しながら100記事ぐらい書いていれば、どういう記事に需要があるか、どういう戦略で記事を書けば収益につながるか、そういうマーケティング思考が身についてくる、そのボーダーラインが大体100記事」という意味です。

  

同じ作り方でラーメンを100回試作しても、オリジナリティは生まれないし、毎回同じラーメンが出来上がるだけですよね。(作るスピードは上がりそうですが)

でも、毎回の試作で、今日は麺にこれを混ぜてみよう、出汁に海老殻を入れようというように、試行錯誤して作っていると、「しっくりくるもの」がでてきます。

「自分らしい記事が分からない」という方も、他のブロガーの書き方や構成を見て、真似をしてみることから始めるのがオススメです。

そのうちに、自分らしい記事の書き方が見えてくるはず。

とはいえ、ブログはPVが伸びず書いても読まれない、なんてこともしばしば。
どのように改善すべきかも分からないですよね。
そこで役立つのがSNS!

  

スポンサーリンク

SNSで反応を確かめよう

ブログを書いても身近に見てくれる人もいない・・・

Twitterに記事をアップしてみたけど、だれも「いいね」を押してくれない・・・。

そう悲観することなかれ!

Twitterアナリティクスを使って見てみると、「いいね」はなくても、どれぐらいツイートを見てくれて(画面表示されて)、どれぐらいそのツイートに対して反応をしているか(記事を開く、プロフィールを見に来ている等)が分かります。

いいねやリツイートが全くなくても、実は見てくれている人がいる、実はプロフィールまで見に来てくれている、ということが分かります。

どんな内容がHITしやすいか、反応はSNSでみつつ、情報発信を続けましょう!

  

最後までお読みいただきありがとうございました!
ブログを書いて公開するに至り、ありぼ自身勇気をもらった・書き方の参考になった書籍を紹介します!

勇気がもらえる・スキルが身につく書籍

●ゼロ 堀江貴文

何かを始めたいとき、でも勇気がもてないときに、一歩踏み出すために背中を押してくれる書籍。

堀江貴文さんの書籍で一番好きです。

Amazonでみる⇒
楽天で見る⇒

  

●プロブロガーによる「ブログ運営の教科書」(初級編) イケダハヤト

トップブロガーのイケハヤさんですら、毎日1万字、毎日ブログ更新を続けています。量をこなしているうちに、質はおのずとついてくる。

Amazonで見る⇒

  

武器としての書く技術 イケダハヤト

目を引く書き方、面白い書き方、なぜあなたの文章が面白くないのかを解説してくれています

Amazonで見る⇒
楽天で見る⇒

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です