親知らずを全身麻酔で抜歯する経緯。~大学病院を紹介してもらうまで~


こんにちは!ありぼです!

親知らずを全身麻酔で抜歯することが決まりました!

今回の記事は

・親知らずの治療がしたいけど治療が難しい

・嘔吐反射が強い

という歯の治療がネックな方にとっての朗報になればと思います。

まずは大学病院を紹介してもらうまでの流れを紹介!

今後は

・全身麻酔で抜歯するのに必要な経費

・全身麻酔で抜歯する前にする検査

・入院について

も書いていきます!

スポンサーリンク

親知らずを抜きたいが嘔吐反射が強くて治療ができない

2018年5月、ポテチを食べている最中に親知らずが欠けました。笑

なんと脆い歯。

欠けた部分が痛むので歯医者へGO!!!

そのときの私はアレルギーで咳喘息を発症という最悪なコンディション。

咳き込みすぎて親知らずの治療ができないので、歯を埋めてもらうだけ。

という治療を約半年続けました。

このときから、欠けたところに詰め物をしてもらうだけでも「おえー」って感じだったんですよ。

咳喘息が落ち着いてきた11月、再び歯医者に。

治療がしたい意志を伝えるも、そんなに「おえー」ってなって口が開けられない状態が続くと、治療が進まないといわれ・・・

先生から「紹介状を書く」と言われました。

自分の都合がつく日程の候補を2つ伝え、後日歯医者に紹介状を取りに行きました。

大学病院を紹介してもらい、診察を受ける。

午前中からの診察だったので、午前9時に大学病院へ。

持ち物はこちら!

・紹介状
・保険証
・お薬手帳

必ず忘れずに持っていきましょう!

診察の流れとしてはこんな感じだった

簡単な問診

どんな治療を希望するか聞かれる

レントゲン

担当医との話し合い

治療日・入院日を決定

どんな治療を希望するか聞かれたときには

「嘔吐反射があるため、治療が困難」「全身麻酔での治療を希望する」

ということを伝えました。

お医者様からの反応は

医「できるよ!」

私「!!!」

治療に希望がもてた瞬間!

手術日は2019年2月28日、入院は2月27日~3月2日。

手術前1か月の間に、血液検査や麻酔医からの診察が必要な為、

2月6日と2月20日の2回病院に行くことが決まりました。

ちなみに、今回の診察料金は2160円でした!

(思っていたより安かった!!)

大学病院に行くときは、必ず紹介状を書いてもらうことをお勧めします。

もし、紹介状をもらわずに大学病院に行くと、

初診料として5000円ほどプラスの支払いが生じる

予約優先なのでなかなか順番が回ってこない

患者さんが多いときは、本当に順番が回ってこないことになります。

紹介状を書いてもらっていた私でさえ、すべての診察が終わったのは3時間後の12時でした。汗

次は、2月6日(水)の診察内容について書きます!
少しでも、嘔吐反射で親知らずの治療に苦しんでいる方にとって、励ましの記事になればと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です